スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海水魚ブログ

海水魚および海の生き物については、
以下に移転しました。


海的ダイバーサイト

スポンサーサイト

魚楽亭

魚楽亭

ダイビング帰りのお食事処紹介第4回目は魚楽亭(伊東)です。

魚楽亭(ぎょらくてい)HP
住所静岡県伊東市松原本町5-8(近々引っ越し予定だそうで)
電話:0557-36-7920
営業時間:11:30~14:00 16:00~19:00(ラストオーダー)
クーポン:見つけられませんでした。

桜  骨湯

個人的には伊豆で一番気に入っている店です。
伊東の海岸沿いにあるのですが、2階にあってちょっと見つかりにくいところです。

ご主人のご家族が伊東を中心とした伊豆の港からの卸をやっている魚屋を経営しているようで、そこから直にその日の新鮮な魚が味わえるとのことで、味はどれを食べてもハズレがない感じです。

お値段的には1500円~2000円前後とこのあたりの鮮魚のお店としては手ごろな値段で味わえます。
が、私トミヤマが一番おススメしたいのが「桜」と言う定食でして、お値段は2900円と他のメニューと比べてちょっとお高めですが、それを差し引いても余るくらいのボリュームと旨いものが食べることが出来ます。

今回ご紹介するのは、その「桜」です。
メニュー内容としては、
1.金目鯛の味噌焼き
2.鯵の骨湯(こつゆ)
3.地魚刺身盛り合わせ
4.小鉢
5.イカの塩辛
6.ご飯、味噌汁、香の物(ご飯はおかわり自由)
7.デザート(トコロテン)

がてんこ盛りで出てきます。写真左参照。


まず「1.金目鯛の味噌焼き」ですが、こちらの店の看板メニューでもある脂ののった金目鯛を自家製の味噌に漬け込んで焼いたもので、これだけで、ご飯1杯は行けます(笑)


次に「鯵の骨湯(こつゆ)」。これがまたオツな味で、出汁の中に梅干と焼いた鯵がまるまる1匹入っています。写真右参照。
鯵の身をほぐして、この出汁と一緒にすするのですが、絶妙な鯵の塩加減と魚のホクホク感に出汁の旨みが加わって、ちょっと言葉では表現しにくい美味さがこみ上げてきます。
日本人ならではの味ですね~。

そしてメインの「3.地魚刺身盛り合わせ」。今回の内容が「ほっき貝、アコウダイ、金目鯛、アオリイカ、シロハギ、ウニ、アカヤガラ」でした。
あえて全部のレビューはしませんが、特筆すべきは、アカヤガラ。普通じゃ滅多に口に出来ないと思います。写真の中で一際目立つ、口のとんがった細長い魚がソレなんですが、白身の淡白であっさりとした味わい。本当にさっぱりしているので、濃い味・脂身が好きな人にはそれほど好きではないかもしれませんが、良い経験になりました。
というのも、帰ってから調べてみたところ、都内だと料亭とかにしか滅多に出回らず、お値段もグラム○千円というからこれだけでも、桜2900円出す価値はあったなぁと思いました。


順番的には、骨湯⇒刺身⇒味噌焼きの順で出てくるのですが、骨湯は熱いうちにすすって、刺身をつついている時に、ちょうど味噌焼きが焼きあがって出てくるので、刺身を一時中断して、温かいうちに味噌焼きを食べるのが良いと思います。味噌焼きは冷めると硬くなって、塩味が強くなって美味しく無くなるので。。


塩辛・味噌汁にも書きたいことは色々あるのですが、それはまた次回。
とにもかくにも、このは幸せな一時が過ごせること間違いないと思います。
量が多いので(女性だと特にきつい)、ご飯セットだけ頼んで2人で食べるのもありだと思います(男二人だとちょっと物足りないかも)。


ということで評価は文句なしの星5つプラスおまけのもう1個
評価:★★★★★+★


金目鯛定食
↑オマケ:友人が食べていた金目鯛の煮付けと刺身定食2500円。あ~煮付けもうまいんだよなぁ~。。。

丸天(沼津港)

丸天

ダイビング帰りのお食事処紹介第3回目は丸天(沼津港)です。

丸天(まるてん) HP
住所静岡県沼津市千本港町114の1
電話番号:055-963-0202
営業時間:7:30~21:30(基本年中無休。たまに休みなのでHPにて)
クーポン:見つけられませんでした。

丸天

 西伊豆の大瀬崎にダイビングに行く時に、かなりの高い確率で行くお店です。
沼津港には漁で取れた魚介類を中心に提供する定食屋がずらりと並んでいるのですが、この丸天はおそらく、その店々の中でもメディアとかで取り上げられていて一番有名なところじゃないかと思います。

 休日のお昼時(11時~14時位)は必ず待たされます(30分くらい)。名前を書くの制度なので、だいたいの順番を目安にその間にお土産を買いに行くと、ちょうど時間がつぶれるので良いんじゃないかと思います。

 味ですが、今回食べたのは「うに・いくら・ぶつ丼」と「生しらす」(あまりに腹が減っていて、食べかけの写真ですいません・・・)。

 うに・いくら・まぐろとも沼津近海で取れたものではないと思いますので、まあ激ウマというほどでもなく、そこそこ美味しいお店で食べる質と変らない感じです。しらすについてはこれは生で食べられるだけあってとても新鮮で甘みがあり、醤油無しでも食べられるも美味しさでした。
 その他の食べたことのある料理も全般的に「イマイチ」と言うことはないのですが、特筆して激ウマというのは感じたことはないです。それなりに新鮮で、それなりにウマいと言う感じです。
 ただここの良い点は、ボリュームがあってコストパフォーマンスに優れているということでしょうか。メインと一品を頼んで、かなりお腹一杯になるのですが、ひとり2000円行かない感じです。
 他の店も、2000円以内で済むことは済むのですが「おいしかった。でももう少し食べたいな」というのがないです。お腹一杯食べられます。

 丸天という名前からのとおり、もしかしたら天ぷら料理が美味しいのかもしれませんが、刺身好きの自分としては「活きが良いのに火を通さなくてもよくね?」といった思考で、刺身系の定食か、海鮮丼を頼んでしまいます。
(ちなみに一番人気の「丸天丼」は休日の昼過ぎには売り切れになるのでご注意を。)

 ということで、総括としては限定的ではありますが(火を通す系を食べていないという縛りのもと)
 評価としては星3つといったところでしょうか。

評価:★★★☆☆

山源(やまげん)

FI2621195_1E.jpg

ダイビング帰りのお食事処紹介第2回目は山源です。

山源(やまげん) HP
住所静岡県沼津市西浦木負330-1
電話:055-942-3262
営業時間:11:30~20:00(お休みは火曜日・第3水曜日)
クーポン:見つけられませんでした。

FI2621195_2E.jpg

外観は、白く古い洋館といったたたずまいで、食事をするところだとはわからないようなところです。

このときも、たまたまバディと魚料理が食べたいねと話していたところ、本当にたまたま道路わきに、海鮮丼・刺身定食の文字がある立て看板を発見して、見つけました。立て看板を見ても、まさか、この白い洋館が海鮮物を扱っているようには思わず、どこがこの看板の主(店)なのか疑ったほどでした(笑)

内装もテーブル席のみで、白いクロスが掛けられた小奇麗な洋風レストランチックなのですが、メニューは地魚がメインです(笑)。さらに名前も「山源」超大和魂炸裂な名前にビックリ(爆)。

今回僕が注文したのは四季ごはん-夏(1575円)"という四季の旬な食材を扱った定食でした。中身は、写真の通り、お刺身(ハマチ?カツオ、アジ)、金目のから揚げ、冷茶碗蒸し、酢の物、ごはん・味噌汁・香の物。

お刺身は、旬なのかどうかはちょっとわかりませんが、新鮮で普通に美味しかったです。金目の素揚げは、軽く塩がふってあり、金目の甘さを残しつつ、香ばしさが加わり、こちらもなかなか美味しかったです。そして冷茶碗蒸し、これが絶品。舌触・食感り、味の濃厚さと旨み、風味、全てがバランスよく、かなり美味しかったです。

うれしいことに、ごはんがおかわり自由なので、バランスよく食べれば、ダイビング後のすきっ腹でもお腹一杯になります。

メニューは、他にも海鮮丼、刺身定食、鮮魚のフライ定食、シーフードカレー、その他一品料理とカレーを除いては、この外観と内装に会わないメニューが並んでいます。でも、値段もどれも1500円以下で結構リーズナブル。この"四季ごはん”は結構アタリかなと思いました。また、次の季節のものを食べにいきたいと思います。

あ、一応カフェもしているようで、手作りケーキとコーヒー・紅茶もあります。が、海鮮食った後にケーキは、僕はパスかな。。。

難点としては、結構奇麗な店なので、ダイビング帰りのムサい格好で、男だけで行くのとかはちょっと勇気がいるかも。実際、小綺麗な奥様方が多かったような。

値段・味・量もそこそこ良く、雰囲気も(仇になることもあるが)良く、今回の評価は星4つと言うところでしょうか。

評価:★★★★

桜家

FI2621181_1E.jpg

ダイビングに行っているときのもう一つの楽しみとして、食事があります。

なんで、備忘録も兼ねて、食べたお店をちょこちょこ紹介しようかと。
ホームグラウンドが伊豆なので、必然的に伊豆のお店が多くなってしまいますが。


第1回目のご紹介は うなぎの桜家です。

桜家(さくらや) HP
住所静岡県三島市広小路町13-2
電話:055-975-4520
営業時間:11:00~20:00(お休みは水曜日)
クーポン:見つけられませんでした。

FI2621181_2E.jpg

伊豆箱根鉄道 三島市広小路駅すぐのところにあるのですが、土曜日の昼間に行ったせいか激混み!
店の外で1時間、店に入って注文してから1時間。_| ̄|○

今回は「うなぎ丼(2枚)大盛り:2820円」を頼んだのですが、2枚目の写真でも分かるとおり、ご飯が超大盛り。丼のふたがご飯で浮いてました(笑)

味のほうはといいますと、確かに美味いのですが、この待たされ具合によるすきっ腹効果が高いのではないかとも。。。美味しいうなぎ屋の中レベルなんじゃないですかね。この値段するので、このくらいの質は出して当たり前とも思います。

具体的には、臭みはもちろん無いです。表面パリッと、中はホコホコした感じで、たれは控えめ(お好みでかけることも出来ます)。うなぎ本来のコクはしっかりとある感じです。ご飯も少しシンが残るくらいの、お米が立ったような炊き方で、うな丼には相性が良い感じで、全体としては僕の好きなうなぎ丼でした。

でも、この混み具合がなぁ。正直腹も減ってるしイライラしちゃいました。。。

色々総合で含めて考えてみて星三つですかね。

評価:★★★☆☆
拡大・縮小 ボタン
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
カウンター
QRコード
QRコード
pictl
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。